ハッピーメールのプロフはちょい盛りすると見栄えが良くなる

ハッピーメールで誰もが見られるのがプロフです。その人を映す鏡であるプロフは、絶対に気が抜けれません。

プロフは正直に書くのが一番良いのですが、正直な自分に自信がある人は少ないでしょう。

そこで、ハッピーメールのプロフはちょい盛りして出会いやすくなるようにしていきます。

しかし、ちょい盛りし過ぎるとリアルアポでプロフが嘘付いたのがバレます。そこで、ちょい盛りしてもバレない、嘘だと言われない項目をピックアップします。

身長はプラス5センチならいける

プロフをちょっと盛るのは身長です。自分のそのままの身長を書いても良しですが、身長にあまり自信がない男性はプラス5センチ盛ってもオッケーです。

なぜなら、自分の身長が何センチかと言うのはあまりハッキリと知らない人が多いからです。そして、見た目であの人の身長が何センチかなんて、ピッタリと当たる物でもありません。

数字ではちょい盛りするといくらか身長が高く見え、実際に会っても身長でサバを読んだのはバレません。だから身長はちょっとならば盛ってもオッケーなのです。盛ればハッピーメール内で見栄え良くなります。

体型はぽっちゃりなら、ややぽちゃかガッチリで

次に体型です。ハッピーメールではスタイルとなっています。

体型で無難なのは『ふつう』ですが、もしぽっちゃりだった場合はふつうにしてしまうと、リアルアポでバレて女性の怒りを買います。

しかし、ぽっちゃりだと女性はデブだと思ってプロフでボツにされてしまう可能性が高くなります。

そこでぽっちゃりの場合は、ややぽちゃっりと少し控えめにしておきます。ややぽちゃならば、そこまでデブとは思えません。

または、ぽっちゃりではなくて『ガッチリ』にします。イメージ的にはぽっちゃりだと脂肪がプヨプヨの体、ガッチリだと筋肉質な体です。

そういったイメージの違いはありますが、どちらも体型が大きいのを表しているため、もしぽっちゃりと書くのならばガッチリにしておくとイメージが良くなります。

まとめ

リアルアポで会った時にガッチリだと思ったらぽっちゃりじゃん!と責められたとしても、体型が大きい事には変わりないため「イメージと違ってごめん(笑)」と謝ればなんとかなる範囲です。

身長にしろ体型にしろ、ちょい盛りは問題ありません。

顔写真だって見栄え良くなるように顎を引いて写真を撮ったり、写真を加工したりします。プロフだって、嘘はいけないけどちょい盛りはありなのです。